モビット利用時の在籍確認とは

カードローンキャッシングローンは非常に便利なものですが、申込時に勤務先に在籍しているかどうかの確認が必要となってきますので、会社に知られたくないと思うのが普通だと思います。在籍確認とは、申込者が本当に勤務しているかどうか確認するために、金融機関から勤務先に電話がかかってくるのが一般的です。通常であればモビットの名前を出さずに個人名でかかってきますので、会社にばれてしまうことは絶対にないと言えます。しかし、個人名の場合では、企業によっては勤務時間中の私用電話を禁止しているケースも多く、また私用電話であれ携帯電話に掛けるのが今の時代の常識だと言えます。ですから、個人名であっても少なからず怪しまれる可能性がありますので、回避する手段を考える必要があるのです。

モビットからの在籍確認を回避するには、通常の申込時に必要となる書類の他に別の書類を用意する必要があります。会社に在籍していることを確認する訳ですから、会社から発行された書類があれば確実に在籍していることを証明できます。通常であれば源泉徴収票や給料明細などがそれに当たりますが、同時に収入の証明になりますので効果の高い書類であると言えます。源泉徴収票を提出すれば確実に企業に在籍していることを確認できますので、モビットからの在籍確認は回避することが可能となります。現実に考えると、個人名によりモビットとは分からない訳ですから、確認電話を拒否する理由は無いことになります。むしろ融資を人に知られたくないと言うことから悪い印象を与えかねませんので、金融機関の指定通りの在籍確認をしたほうが良い場合もあります。

お金借りることに対する責任

キャッシングなどを利用してお金借りるということはどういうことだと思いますか。お金借りる方法というのは無条件で貸してもらうことができるものではありません。消費者金融に行ってお金を貸してほしいといっても次の瞬間にお金を借りることができるのではないのです。まずはお金を貸してもらうための申し込みをして、消費者金融側は申し込みに対して審査を行うのです。そして審査を通過して初めてお金借りるということが可能になるのです。つまり、お金を貸してもらうということは消費者金融側があなたに対して信頼できる人物だと認めたということです。そのように認めてもらったからには、お金を借りた瞬間にしっかりと返済を行うという責任が生まれるということです。

では消費者金融側はどのような基準でキャッシングを利用したい人々が信頼できるかどうか調べているのでしょうか。まず第一条件として収入のない人にはお金を貸すことはありません。家などの担保があれば別ですが、収入のない人はお金を返す当てがない人ということになります。返済が可能な人だと思ったからこそお金は貸してもらえるのです。もちろん、収入があれば無条件でお金が借りることができるわけではありません。過去のキャッシングの利用歴などを調べて返済が延滞したことがないかどうか調べます。以前返済が遅れたことがある人は、再び返済が遅れる可能性が高いということです。つまり返済能力があると思った人にお金を貸すのです。利用者側は返済能力があると認めてもらった恩を返すために、お金を返していくのです。