審査が通りやすくて即日融資が可能な消費者金融

私は20代の男性です。現在は会社員をしています。この間、初めて金融機関から融資を受けました。これはその際の話です。普段から趣味が旅行の私は日常的にお金を使っていました。一人でどこへでも足を運んでいたのです。会社が休みの日を使って行くことが多く、1日でも休みがあると近隣の県に旅行へ行くこともありました。とにかく旅行が好きでした。このように私は普段からお金を使っていたのです。そんなある時、プライベートで様々なことが重なり、少々金銭的にキツイ状況がありました。

旅行に行くどころか普段の生活も厳しくなりそうでした。友人に相談してみると金融機関からお金を借りるのが良いとのことだったので、早速自分でも調べてみました。調べてみると消費者金融が借りやすいことを知りました。消費者金融は審査が通りやすく、最も通過率が高いところでは45%にもなっていました。また、フリーローンなので借りる目的を問われません。目的ローンとは異なり、借りたお金を何に使おうと自由です。そして、申し込みをしてから審査が終わってお金を貸すまでの時間が非常に短いのです。

これは即日融資という制度であり、利用者には有難いものです。私はこれらの情報を知り、消費者金融に融資の依頼をしました。すると調べたとおり、審査に通りやすく、即日に融資を受けるなら便利なサービスです。このような制度があることを知らなかった私は驚きましたが、今では有難く利用させてもらっています。

 

 

消費者金融の審査は甘い?

消費者金融は、お金を貸すことを生業としているため、銀行などと比べると比較的消費者金融審査のハードルは低いです。しかしながら、無計画にお金を借りていると、いつの間にか利息の返済すらままならず、元本の返済ができないという状況に陥ってしまっていることがあります。このような状況になってしまった人を多重債務者と言います。多重債務者の場合、複数の消費者金融業者から借り入れを行っており、さらにどれだけをどこの業者から借り入れたかを把握しきれていません。そのため、利息分の支払いだけが膨らみ続け、元本の支払いができなくなってしまうのです。

このような状況に陥る原因として、利息の不当な支払いによるところが大きいとされています。では、このような状況から少なくとも脱する方法はあるのでしょうか。まず、弁護士か司法書士に依頼をして、債務整理を行います。どこの消費者金融業者から一体いくら借り入れたかを専門家の手を借りてきちんと整理するのです。債務整理を行うと、借入の総額と利息分が把握出来ます。そこでようやくスタートラインに立つことが出来ます。

消費者金融の審査

債務整理が住むと、不当に支払った高額な利息が把握出来ます。払い過ぎた利息は過払い返還請求を裁判所で申し立てるか、または元本の支払いに充当することが出来ます。また、過払い返還請求権については、完済した後であっても事項が成立するまでは過払い請求が認められるため、払い過ぎてしまった利息分を取り返すことが出来ます。

 

 

 

モビット利用時の在籍確認とは

カードローンキャッシングローンは非常に便利なものですが、申込時に勤務先に在籍しているかどうかの確認が必要となってきますので、会社に知られたくないと思うのが普通だと思います。在籍確認とは、申込者が本当に勤務しているかどうか確認するために、金融機関から勤務先に電話がかかってくるのが一般的です。通常であればモビットの名前を出さずに個人名でかかってきますので、会社にばれてしまうことは絶対にないと言えます。しかし、個人名の場合では、企業によっては勤務時間中の私用電話を禁止しているケースも多く、また私用電話であれ携帯電話に掛けるのが今の時代の常識だと言えます。ですから、個人名であっても少なからず怪しまれる可能性がありますので、回避する手段を考える必要があるのです。

在籍確認を回避するには、通常の申込時に必要となる書類の他に別の書類を用意する必要があります。会社に在籍していることを確認する訳ですから、会社から発行された書類があれば確実に在籍していることを証明できます。通常であれば源泉徴収票や給料明細などがそれに当たりますが、同時に収入の証明になりますので効果の高い書類であると言えます。源泉徴収票を提出すれば確実に企業に在籍していることを確認できますので、モビットからの在籍確認は回避することが可能となります。現実に考えると、個人名によりモビットとは分からない訳ですから、確認電話を拒否する理由は無いことになります。むしろ融資を人に知られたくないと言うことから悪い印象を与えかねませんので、金融機関の指定通りの在籍確認をしたほうが良い場合もあります。

モビット:申込前に確認したいこと(金利、審査など)